2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
フォト
無料ブログはココログ

FC2ブログランキング

ゲームブログ

  • にほんブログ村 ゲームブログ 家庭用ゲーム機へ
  • にほんブログ村 ゲームブログへ

軌跡

« 【戦律のストラタス】第九話前編:オウカ&黒犬黒ネコ | トップページ | 【ゼルダの伝説 スカイウォードソード】1:ゼルダとパラショール »

2011/11/22

【戦律のストラタス】第九話後編:征四郎 ~END~

遂に”八神”のもとに辿り着いた”征四郎”。
シャトルもそこへ突撃して、いよいよ最終決戦。

Sutora10a1





まずは3体のゴーレムの相手。
その後
黒い”アラバキ”を駆る”八神”との戦闘。

Sutora10a2

敵も”アラバキ”なので”ディスラプター”を放ってくる。
ちょこまかと動き回って
それを撃った後の隙を狙うのが良さげ。





博士は【ゼノブレイド】で言う”アルヴィース”的な存在だった。

Sutora10b




ラストバトルは ”征四郎”&”禊”vs”アラバキ”。

Sutora10c






人vsロボ は、なかなか熱い。

でもそのフィールドは戦い辛く
必殺技は全然ヒットさせられなかった。

頼れるのは”禊”の射撃のみ。





そんなこんなでエンディング。

Sutora10d

曲が流れる中を博士を操作して自由に動く、という珍しいパターン。

多分、現実世界が救われた という事だと思う。
なので隊員達は勢揃い。 仲間にしてない娘まで居たw

のんびり会話していたら曲が終了。 そしてエンディングも終了・・・
って”七瀬”に話しかけられなかった~~~~~~っ!!
残念無念過ぎるw





感想。
アニメーション形式という構成は、プレイの区切りがつけやすかった。

でも、アニメシーンは少なかった気がするが携帯機ならこんなもん?

アクション部分に関しては褒められる部分は大して無い。
でも”アラバキ”での戦闘は
「時間経過で強化されるがリミットも有る」という緊張感が良かった。

問題は、人間操作での情報収集。
敵の頭辺りに乗っちゃうと変な挙動になったり、中途半端な奥行きがあったり・・・
コレなら純粋な2Dにした方が良かったかも、と思ったりした。

そんな人間操作時でも
強力な遠距離攻撃可能な”ジリア”を使った時だけは、まあまあ爽快だった。

ストーリー的には特に文句は無い。
むしろ好きなタイプ。
やっぱり第二話が一番「戦律」だった。

あとは
もうちょっと各キャラの背景が深く見られれば、もっと良かったんだけどね。
一瞬しか見られなかった”禊”の「ぱへ(パフェ)」好き設定とか。





クリア後にはアンロックがいくつか解除された。

Sutora10e

その中には”七瀬”生存がっ!

それをONにして第二話まで進めてみた。
そして問題の襲撃シーン。

”東”隊長が殺られるムービーだけが流れて
”七瀬”&”宇佐美”のムービーは流れなかった。

という事で
第三話以降も”七瀬”が使えるようになったので
「勲功値」を注ぎ込んでボチボチ育てていこうと思う(゚ー゚)


クリアしたという事で「特典ドラマCD」も聴いてみた。

内容は約13分。
食堂を舞台にした平和な世界線の話だった。

Sutora10f

« 【戦律のストラタス】第九話前編:オウカ&黒犬黒ネコ | トップページ | 【ゼルダの伝説 スカイウォードソード】1:ゼルダとパラショール »

ゲーム」カテゴリの記事

PSP」カテゴリの記事

【戦律のストラタス】」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 【戦律のストラタス】第九話後編:征四郎 ~END~:

« 【戦律のストラタス】第九話前編:オウカ&黒犬黒ネコ | トップページ | 【ゼルダの伝説 スカイウォードソード】1:ゼルダとパラショール »