2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
フォト
無料ブログはココログ

FC2ブログランキング

ゲームブログ

  • にほんブログ村 ゲームブログ 家庭用ゲーム機へ
  • にほんブログ村 ゲームブログへ

軌跡

« 【ブレイブリーデフォルト】0:体験版 | トップページ | 【ブレイブリーデフォルト】1:奇跡の人と風の巫女 »

2012/10/12

【ドラクエX】10:呪われた大地~聖地 -怪蟲アラグネ-

時はバージョンアップの少々前。

6つ目の「キーエンブレム」を得るために、「カミハルムイ」の物語を進行。

Dqx10a

 


なんやかんやで「呪われた大地」へ。

Dqx10a2

Dqx10a3

毒沼が多く、戦闘中に毒になってしまう厄介な場所。




暗黒大樹にてボス戦。
序盤に戦った”若葉の精霊”っぽい3体が相手。

Dqx10b

3体ってのが厄介だったが、どうにか1体倒すと後は楽。




お目当ての葉っぱをゲット。

Dqx10b2










その後、なんやかんやありましてこの物語の最終地点「聖地」へ。

Dqx10c





そこでボス”怪蟲アラグネ”と決戦。

Dqx10c2

この”アラグネ”は攻撃力がデラ高い。

Dqx10c3

という事で初戦は成す術なく全滅・・・・・

ちょっとこのままでは厳しい感じ。




とりあえず「戦士」に転職して
テンションUPや怒りを抑える”ロストアタック”を習得。
コレで後衛を守る手段が増えた。



次は酒場にて、共に戦う仲間を厳選。

・【FF】で言う”リレイズ”的な”天使の守り”を習得している「僧侶」
・攻撃と守備が共に高く「格闘」を極めた「旅芸人」
・攻撃魔力が高く、”祝福の杖”も使える「魔法使い」

という頼もしい仲間と
再戦に挑んだのがバージョンアップ直前だったのだが・・・




敗戦・・・



でも”アラグネ”の名前の色が赤くなるまでは健闘した。
敗因は

・MP回復アイテムの不足
・”世界樹の葉”を持っていくのを忘れたw
・「僧侶」が”天使の守り”を使ってくれない

”天使の衣”を使わせるには
作戦を変えれば良かったのかもしれないが、その余裕はなかった。







そして、バージョンアップ後。

”世界樹の葉”を倉庫から持ち出し、MP回復アイテムも前回より多く持った。

そして3度目の”アラグネ”戦。

バージョンアップのお陰か、いきなり「僧侶」が”天使の守り”を使ってくれた!
コレで一気に勝機が見えた!



「盗賊」”ガバドン”は無駄な攻撃はせずに

・ムチ技”スパークショット”でマヌーサ状態にする
・”ピオリム”
・”ボミエ”
・アイテムで回復
・”ロストアタック”

以上の5つの行動だけに専念する。

特に、マヌーサ状態にする事は重要。

Dqx10d

この状態にしとけば、厄介な範囲攻撃も凌げる。

厄介といえば、”アラグネ”は”いてつく波動”や”ひかりの波動”も使う。
”いてつく波動”は”天使の守り”も消してしまうので困る。



コチラの攻撃は
「魔法使い」の”メラミ”と「格闘旅芸人」が頼み。
特に今回お世話になった「格闘旅芸人」は能力が高く、その”ばくれつ拳”の威力は”メラミ”と同等。 会心率も高い。

こんな頼もしいメンツでも
回復のタイミングが悪いと一気にマズイ状況に追い込んでくる”アラグネ”。

そんな窮地に追い込まれながらも、落ち着いて対応して挽回。


多めに持ってきたはずのMP回復アイテムが
底を尽きそうになりながらも、最後は「格闘旅芸人」の会心の攻撃で”アラグネ”撃破!

討伐タイムは14分25秒。 熱い戦いだった。




そんなこんなで「カミハルムイ」での物語は完結。

Dqx10e



めでたく6つ目の「キーエンブレム」をゲット。

Dqx10f

鉄道に「カミハルムイ駅」が追加された。











「公式サイト」
http://www.dqx.jp/
「目覚めし冒険者の広場」
http://hiroba.dqx.jp/sc/

« 【ブレイブリーデフォルト】0:体験版 | トップページ | 【ブレイブリーデフォルト】1:奇跡の人と風の巫女 »

ゲーム」カテゴリの記事

Wii」カテゴリの記事

【ドラクエX】」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 【ドラクエX】10:呪われた大地~聖地 -怪蟲アラグネ-:

« 【ブレイブリーデフォルト】0:体験版 | トップページ | 【ブレイブリーデフォルト】1:奇跡の人と風の巫女 »