フォト
2024年2月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29    
無料ブログはココログ

FC2ブログランキング

ゲームブログ

  • にほんブログ村 ゲームブログ 家庭用ゲーム機へ
  • にほんブログ村 ゲームブログへ

楽天

  • 【ユニコーンオーバーロード】

軌跡

« 【オクトパストラベラーII】2:二代目商人&田舎踊子&獣人狩人+マヒナ -パルテティオ1章&アグネア1章&オーシュット1章- | トップページ | 【オクトパストラベラーII】4:死の宴&急所蹴り -ソローネ2章 母ノ編&テメノス2章&アグネア2章- »

2023/11/05

【オクトパストラベラーII】3:脱獄学者&反逆盗賊&探偵神官 -オズバルド1・2章&ソローネ1章&テメノス1章-

”オーシュット”を加えた5人は西大陸に上陸。

Octr2_03a_013



北に向かい雪の中で倒れていた”オズバルド”と出会う。

Octr2_03a_017







学者オズバルド1章。

妻子殺しの罪で監獄島送りとなった”オズバルド”。

Octr2_03a_024

Octr2_03a_035



脱獄計画実行のため、フィールドコマンド「探る」「強奪」を駆使して・・・

Octr2_03a_057

Octr2_03a_070



協力者”囚人エメラルド”と共に脱獄決行。

Octr2_03a_073

Octr2_03a_083



「底力」の『魔法収束化』で看守長を退けたところで・・・

Octr2_03a_091

学者オズバルド1章 完。




ノンストップで、学者オズバルド2章。

復讐のため、引き続き監獄島からの脱出を図る。

Octr2_03a_099

Octr2_03a_109





”囚人エメラルド”が注意を引き付けてくれたお陰で・・・

Octr2_03a_112

Octr2_03a_119

脱出成功。



そして復讐の旅へ

Octr2_03a_125

学者オズバルド2章 完。





次の町へ向かう道中・・・

Octr2_03b_006

「都会を旅するオクトリン」なる敵と遭遇。
すぐ逃げられたが、こいつも是非倒したいところ。




7人目の旅人は盗賊。

Octr2_03b_009



盗賊ソローネ1章。

”ソローネ”は「黒蛇盗賊団」所属。

Octr2_03b_022

Octr2_03b_028

Octr2_03b_035



フィールドコマンドは「盗む」&「闇討ち」
「底力」を使うと2回行動できる。



”ソローネ”が首輪を外すため”ファーザー”&”マザー”への反逆を決意する物語。

Octr2_03b_054

Octr2_03b_059

Octr2_03b_069

盗賊ソローネ1章 完。





8人目、最後の旅人は神官。

Octr2_03c_009



神官テメノス1章。

”テメノス”が読む今後大きく関係してきそうな神々の戦いの紙芝居から始まり。

Octr2_03c_020



フィールドコマンドは「導く」&「暴く」。

「暴く」はNPCの弱点を突きブレイクさせれば成功。

Octr2_03c_040

「底力」を使うと全ての攻撃でシールドを削れる。



そんな”テメノス”が新米騎士を助手として事件を解き明かしていく物語。

Octr2_03c_048

Octr2_03c_058

神官テメノス1章 完。





これにて遂に8人集結。

今のところ
”オーシュット”と”テメノス”の章で「夜」という共通ワードが出てきたが、それ以外の繋がりはまだ分からない。

Octr2_03c_064

今後、8人の物語がどう絡んでいくのか楽しみである。


https://www.jp.square-enix.com/octopathtraveler2/

« 【オクトパストラベラーII】2:二代目商人&田舎踊子&獣人狩人+マヒナ -パルテティオ1章&アグネア1章&オーシュット1章- | トップページ | 【オクトパストラベラーII】4:死の宴&急所蹴り -ソローネ2章 母ノ編&テメノス2章&アグネア2章- »

ゲーム」カテゴリの記事

Nintendo Switch」カテゴリの記事

【オクトパストラベラーII】」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 【オクトパストラベラーII】2:二代目商人&田舎踊子&獣人狩人+マヒナ -パルテティオ1章&アグネア1章&オーシュット1章- | トップページ | 【オクトパストラベラーII】4:死の宴&急所蹴り -ソローネ2章 母ノ編&テメノス2章&アグネア2章- »